越路姉妹プロフィールよ★


港町横浜で結成され、

「唄と笑いの花束を」をテーマに女心を唄う

港町横浜は福富町にて結成されたバンド。

野毛でスナック吹雪を経営している越路よう子は、
福富町の盆踊りに出演する為に
ギターを弾くのが上手だった
妹の越路和子を誘い
バンドを結成することを決意する。


その後この店の常連客であり探偵家のマイクブラック濱ぁが

ドラムをやっていることを知り、ついに越路姉妹というバンドが結成される。

そこに長者町で和子が参加していたヘビーメタル同好会の会長
ロボット太郎がベーシストとして参加する。

2010年には、越路家の次女である越路F雪路がエジプトから帰国し

これまた流れで加入。
まったくもって気がついたらバンドになっていたバンドなのである。