THE YELLOW MONKEY

音楽界に多大な影響をもたらすことになるTHE YELLOW MONKEYは結成当初、5名のメンバーで活動していました。メンバーのひとりの脱退に伴い、吉井和哉がギターからボーカルへと転向しました。2004年、ファンに惜しまれつつも解散しましたが、2016年1月、再結成を果たしました。

一度目の解散を控えている時、ボーカリストの吉井和哉さんがソロ活動を開始し、2003年10月、デビューシングル「TALI」をリリース。ソロとしては2020年6月末現在、シングル14枚、オリジナルフルアルバム7枚を発表しています。

THE YELLOW MONKEYの代表曲

THE YELLOW MONKEYの代表曲には、「球根」「楽園」があります。1998年2月に発売された「球根」は、グループ初のオリコンチャート1位を獲得した曲です。