スピッツ

スピッツは1987年に結成された日本を代表するバンドです。結成当時からパンクに憧れており、そのバンド名の「スピッツ」にもその意味合いが含まれています。バンド結成から4年後の1991年、シングル「ひばりのころ」でメジャーデビューをし、1990年代後半には「空も飛べるはず」「チェリー」「渚」「ロビンソン」など、20年以上経った今でも歌われ続ける名曲を次々とリリースし、爆発的ヒットを生み出しました。

スピッツの代表曲

スピッツの代表曲には、「空も飛べるはず」「ロビンソン」「チェリー」があります。世代を超えて愛される楽曲が多いのが特徴です。特に「ロビンソン」に関しては、Youtubeに公開されたミュージックビデオが1990年代に活躍した邦楽アーテイストの楽曲として初の再生回数1億回を達成しています。